| 伝承される江戸組紐 | 組台の種類 | 組紐の種類 |




  組紐(くみひも)とは、日本伝統の工芸品で、細い絹糸や綿糸を組み上げた紐です。組紐は、「角打ち紐」「平打紐」「丸打紐」の大きく三種類あります。
  紐の歴史は想像以上に永く、飛鳥・奈良時代に仏教の伝来とともに、仏具、経典、巻物の付属品の飾り紐として渡来してきました。平安・室町時代には貴族の冠や衣装を経て、茶道や華道等の世界でも珍重されています。時代が武家社会へと移り変わると、装飾品だった「組紐」は武具として兜の紐、甲冑などをしめたりと実用品として使用されるようになりました。
 江戸時代中期以降には町民文化の中で一般にも庶民にも普及しました。次第に華美、精巧なものになっていましたが、実用的で地味な中にも「粋」を好む江戸の気風を受け継ぎ「わび」「さび」の要素を加えた精巧なものへと発展し、現在の組紐へと受け継がれています。職人の熟練した技を要求される江戸組紐はそれだけで一本の価値が大切なものだとわかります。
 現在は着物の帯締めの紐として使用されたり、アクセサリーとして使用されています。
 

|  TOP | 伝承される江戸組紐 | 組台の種類 | 組紐の種類 |

 


  組紐は台によって組む方法や仕上がりが変わってきます。現在の主流はシンプルでありながら万能に組める「丸台」やヘラを使いながらバラエティーに富んだ組み方や絵柄がさせる「高台」などです。
 他にも、伸縮性が少ない紐を組める「綾竹台」、手先の感覚や熟練の技が要求される「角台」、今では幻とされる「内記台」などがあり、それぞれはどういった用途の紐を組めるかによって違ってきます。

●高 台【Takadai】● ●丸 台【Marudai】● ●綾竹台【Ayatakedai】● ●角 台【Kakuedai】● ●内記台【Naikidaii】●

|  TOP | 伝承される江戸組紐 | 組台の種類 | 組紐の種類 |




  組紐(くみひも)とは、日本伝統の工芸品で、細い絹糸や綿糸を組み上げた紐です。組紐は、「角打ち紐」「平打紐」「丸打紐」の大きく3種類あります。上記の台により種類を作り分け、絹糸の種類により色や模様も多種あります。用途により様々な表情を見せる組紐は江戸の文化の象徴としても愛されています。
 

| 貝ノ口 | 笹 波 | 綾高来 | 平源氏 | 御 岳 | 綾 竹 |  |

       
貝ノ口
 
  貝ノ口縞遊玄染  貝ノ口浮舟本金水引遊玄染

 
  貝ノ口亀甲水引 貝ノ口両面亀甲遊玄染

      
笹 波
 
  笹波縞遊玄染  笹波手綱遊玄染

      
綾高来
 
  綾高来松皮切替

      
平源氏
 
  平源氏ダイヤ柄遊玄染

      
御 岳
 
  御岳コブラン金入水引

      
綾 竹
 
  綾竹五連菱  綾竹経巻段染

 
  綾竹よろい三色 綾竹武田山道

 
  綾竹小杉遊玄染 綾竹大小杉

 
  綾竹三連菱

      
 
  冠遊玄染




|  TOP | 伝承される江戸組紐 | 組台の種類 | 組紐の種類 |

■ HOME ■ 組紐とは ■ 平田組紐について ■ NEWS ■ お問い合せ ■ サイトポリシー

Copyright(C)2012 Hirata-Kumi himo. All rights reserved.
サイト内の写真等、無断転載、転写はご遠慮ください。