神奈川県横浜市鶴見区の整体院−エネルギー整体 鶴見市場整体院、腰痛・肩こり・膝痛でお困りの方へ

     心と身体が2段階引き上がる整体
      鶴見市場整体院

 横浜市鶴見区市場大和町3−23−1F
(完全予約制) 045−501−6004

 
CONTENTS 目次
トップページ
ブログ
ごあいさつ      
施術について    
営業案内       
プロフィール     
みなさまの声    
よくあるQ&A    
ご質問&ご相談  
個人レッスン
 □ 受講者さんの声
 □ 個人レッスンQ&A
コラム 
 □ 気の流れ
 □ 重心
 □ 呼吸
 □ 脳
 □ 内臓の時間
 □ 身体の感じ方
推薦
リンク集
  

鶴見市場整体院 ―

横浜市鶴見区市場
 大和町3−23−1F

電話 045-501-6004     

*非通知の方は186
をお付け下さい

【施術可能日】
火・金 ・土・日
(水)は遠隔施術のみ
【営業時間】
10:00〜19:00
 ( 最終受付18:00 )

 

*メ−ルでのご予約をお勧めします。まずは、ご希望の曜日をお知らせ下さい。

  

身体の感じ方

身体の感じ方(その1)

施術直後は、「楽になりました!」と、お帰りになったのに・・・。
その後、違った場所などに、つらい症状が出てくる場合があります。
まったく出ない方も、たくさんいらっしゃいますが・・・。 エネルギ−に敏感な方は、特にそういう場合があります。 この場合、ビックリしてしまうと思いますが・・・。 そんなに、ビックリする必要はありません。

体のバランスが整ってくると、身体の中に溜まっているものを出そうとする作用(排泄)が起こってきます。 この課程で、少し辛い症状が出る場合があります。
その場合は、無理をせず、ゆっくりお休み下さい。
エネルギ−的にかなり変化させているので、少し疲れを感じる方もいらっしゃると思います。 通常、これはそんなに長く(1〜2日ぐらい)は続きません。

その後、急速に楽になってくるのが普通です。 あまり長く続くようであれば、ご連絡下さい。最近、多いのが・・・。 ご自身が、状態が悪くなっているのを把握していない場合です。
ご本人は、そんなに状態が悪いとは思っていないのですが・・・。
エネルギ−レベルで各項目を診てみると、ボロボロの場合がよくあります。

どういう項目を診ているのか?と、言うと・・・。
気の流れ・霊媒体質・〇〇〇〇・重心・呼吸・脳・脊柱・免疫・内臓・自律神経・ストレスなどです。 これを、改善していくとどうなるのか?

身体の感じ方(その2)

自分が状態が悪いのを把握していない人を施術していくと・・・。
楽になる人は、とっても楽になります。
ところが・・・。
自覚していない重症の方は、逆に症状が出てきてしまう場合があります。
何故ならば・・・。
今まで解らなかったものが、解るようになってしまうからです。
これは、けっして悪いことではありません。
と、言うのは・・・。

状態が悪いのを気づかないより、気づける方が、状態は良いからです。
ただ、一般的には、具合が悪くなったと勘違いしてしまう場合があります。
特に、気の流れが逆の時は、感覚が逆になります。
ダメなものが、ダメでなくなります。

気の流れが正常になると・・・。
感覚が、正常になります。
ダメはダメと解る状態になります。
そうすれば、さらにそこを施術していけば良いのです。
どちらが状態が良いのかは、お解り頂けたのではないか?と、思います。

私は、痛みがなくなる(取れる?)ということに対して、あまり重きを置いていません。
痛みを基準に考えてしまうと、とんでもない間違いをおかしてしまう可能性があるからです。

                                           このページのTOPへ

身体の感じ方(その3)

痛みを基準に考えてしまうと・・・。
『痛みが取れる(消える)=良くなった』と、思ってしまいます。
ところが・・・。
患部の状態は、検査をしてみないと解らない場合があります。

例えば・・・。
肩が凝っていて、筋肉が固く痛みがあるとします。
そこに、鉛や水銀など身体に害があるものを当てます。
すると・・・。
筋肉は柔らかくなり、痛みは軽減します。

痛みが減っているし、筋肉も柔らかくなるので、治ったと思います。
ところが・・・。
患部の状態を検査してみると、逆にダメ−ジを負っている場合があります。

どういうことかと言うと・・・。
感覚が麻痺して、痛みを感じにくくなったと言うことです。
要するに、原因はそのままで、感じ方が変わっただけです。

では、何故?筋肉が柔らかくなったのかと言うと・・・。
ダメ−ジによって、ダラっとなってしまったのです。
本当に良い筋肉の状態は、弾力がありながらも柔らかい状態なのです。
この違いは、解りますか?

痛み止めなどの消炎鎮痛剤(湿布を含む)も同様です。
交感神経を刺激することによって、血流を悪くして、感覚を鈍らせている訳です。
交感神経が優位になってくると、白血球の中の顆粒球がバンバン増えてきます。
顆粒球自体の寿命は、2〜3日だそうです。

顆粒球は、活性酸素を抱いているので、こわれる時にそれを放出します。
その結果として、身体は活性酸素だらけになっていきます。
活性酸素は、みなさんもご存じのとおり、身体を錆びさせる(酸化)ものですね。

もちろん、痛みの強い場合は、痛み止めなどを、一時的に使うのは構わないと思いますが・・・。常用的に使うのは、少し問題があると思います。

痛みは、身体からのサインです。
「このまま行ってはいけないよ」と、身体が教えてくれています。
そのサインを無視するのではなく、向き合わなければ、真の解決はありません。

少し話が横道にそれましたが、痛みのあるなしに基準を置くのではなく、その場所の状態を正確に検査して良い状態にする・・・。
つまり、方向性が大事なのです。

             

                                     このページのTOPへ


札幌市・函館市・釧路市・岩手県・秋田県・栃木県・群馬県・埼玉県・神奈川県・東京都
千葉県・埼玉県・長野県・静岡県・新潟県・富山県・石川県・岐阜県・愛知県
三重県・大阪府・奈良県・和歌山県・兵庫県・高知県・ヒューストン
ロサンゼルス・ニューヨーク・パリなどからも来院中!
来院される殆どの人が御紹介の整体院です。

TOPごあいさつ施術について営業案内プロフィールみなさまの声よくあるQ&A
ご質問&ご相談個人レッスン受講者さんの声個人レッスンQ&A
気の流れ重心呼吸内臓の時間身体の感じ方推薦リンク集


〒230-0025 神奈川県横浜市鶴見区市場大和町3−23−1F
   鶴見市場整体院  電話045-501-6004
 
Copyright (C) 2007 turumiitibaseitaiin. All Rights Reserved